皆川学習会

函館から本物の「教育革命」を実現します。

高校生コース

高校生コース 基本方針

現役で納得いく志望大学合格を実現します。

目標は北大以上の難関大学、MARCHレベルの私立大学です。最低でも中堅国立大学(弘前大学など)は維持します。 最大の条件は高校1年、2年で目標大学のセンターラインを実現することです。高3生は徹底した二次試験対策と未習科目の強化に集中します。高校3年の学園祭終了後の半年間でセンター試験対策から始めるのは、現代の全国標準から大きく乖離しています。センター対策は高校2年生で終了させるのが、大学受験の常識です。

看護・医療系大学への進学も重点的に対応します。

医療の高度化の時代をむかえ、看護・医療系大学のレベルも中堅国立大学に近づいています。中堅国立大学と同様のセンター対策が必要です。「市立看護」などの公立専門学校でも、地元国立大学に近い学力が要求されています。地元教育大学突破レベルの学力養成を実現します。

指導教科はセンター主要科目の英語・数学・国語(70%程度の配点比率)です。

英語・数学はそれぞれの志望大学のレベルに合致させます。二次試験がなく、センター試験のみの大学は年間を通しセンターレベルの演習を実施します。

国語はセンター試験対応を中心として、長期の休みには必要に応じて古典文法演習を実施します。また、評論文読解は高1後半から中級レベル、高2からはセンターレベル、高3は難関大レベル又はセンター80%レベルで対応します。文系の二次試験やマーチ私立大で一段レベルの高い国語対応が必要なケースは、目標レベルに合致した教材で別途対応します。

指定校推薦入試にも学力強化をはかります。

2020年入試(新高2生)から指定校推薦入試にも学力試験が義務化されます。内申評定平均「4」以上の対応を維持しながら、センターレベルで最低中堅国立大学合格水準の学力強化を徹底させます。

長期休みの集中学習会は費用がかかりません。

センター連続模試と学校の課題を含めた自立学習、英語の単語・熟語、古文単語テストの総復習など自立学習のレベルアップをはかります。

途中入会のケースは本人に一番効果的なカリキュラムを提案します。

(例)英語の基礎からやり直したい…高1の文法強化コースと、高2の平常授業の併用。
個別指導と基本授業の組み合わせなど。

高校生入会時 共通費用

学年 会費(月額) テキスト代(年額)
高1 21,600円 16,200円
高2 21,600円 17,200円
高3 21,600円 17,200円

※税込み価格

  1. 入会金は必要ありません。
  2. その他、経費(実費)は入会時期により異なりますので、面接で御説明します。
  3. 兄弟割引:小中学生は下のお子さんの会費が半額になります。両方高校生は下のお子さんが30%割引となります。